FC2ブログ

レイキの力

バリは雨季に入ったようで、毎日、何度か雨が降ります。
世界的に季節感がなくなっていますが、今年のバリは割りと暦通りに季節が巡っているように思います。

さて、日本帰国の間に6人の方にレイキ・アチューメントを行いました。
今年はレイキアチューメントを希望される方が多いのですが、特にここ2~3ヶ月、関心をもたれる方からのご連絡が沢山あります。

レイキは自然界のエネルギー、言えば、宇宙が運行する時に出ている波動を、何の変換も無しで体内に流すことです。

レイキティーチャーが、みなさんの身体の中にレイキが通るパイプを作ります。
アチューメントを受けられる方は、ただ座っているだけで終わります。

それだけで、その日からレイキが耐えることなく身体の中を流れます。
レイキは両手の平から流れ出すので、レイキヒーラーの手はいつも熱いのです。

アチューメントの終わった方達も、自分の身体の異変に気がつき、お友達同士で手を当ててみたり、手から流れる熱感を楽しんだりしていました。

レイキを当てると、心身の代謝を促し、健康増進になるほか、心の不調やストレス解消にも使えますし、何よりすごいのは、時間をさかのぼって過去の事柄を癒したり、未来の希望を早めるためにも使えます。

そして、これが何より、今、レイキを求める方が増えたのではないかと言う私の予想ですが、レイキは遠隔でも送れるので、被災地へレイキを送ることや、宇宙や地球自体を癒したいと思う方が増えているのではないのかと思うのです。

東日本地震以来、無償の愛に目覚めた方や、宇宙的な意識の目覚めている方が多いのも、本当に大切なことに気づき、今後の地球のために、自分達の未来のために何か行動をしなくては、と思い出している人が増えていると言う事でしょう、現に私がその一人です。

いろいろな意味で注目されている2012年。
何が起ころうとも、今、この時を大切に、日々を送ること、楽しく元気にポジティブに過ごすこと、小さなことでも、みんなのためになることを、自分が出来る範囲で実行して行くこと、など、広い視野で地球の未来を考えることが大切だと思います。

みなさんも、大事な人へ、今癒しを必要としている場所へ、そして、自分自身が宇宙のエネルギーと繋がるためにレイキを受けてみませんか。

新しい世界が開けます。

  24sugi.jpg  24sun.jpg  
   樹齢の長い大木は、すばらしいエネルギーを放ってくれます。     陽の光もレイキです。

『レイキ・アチューメントを受けられた方の実践報告。』

○低体温で34℃くらいしかない方にレイキを当ててあげたあと体温を測ったら、36度に上がっていました。

○風邪で寝込んでいる家族に手当てをしてあげたところ、気持ちがいいからもっと当ててと言われました。あくる日には熱が下がって仕事が出来ました。

○アチューメント後、不思議なくらい仕事の依頼が増えました。

『私が遠隔でレイキを送った人からの報告』

○どんな感覚になるのだろうと楽しみにしながら、スタンバイしていたら、ミゾオチの辺りが痛いと言うか熱くなったと感じると同時に呼吸が大きくなりました。
鼻で呼吸しているのだけど、お腹が大きく膨らんで肋骨まで持ち上がるんじゃないかと思えるほどで、ミゾオチと背中がとても熱く、今までに経験がないほどの大きな呼吸に驚きました。
暗闇のなかでお腹が光っているのを感じて、とても気持ちが良かったです。
普段は寝つきが悪いのに、その後、あっと言う間に爆睡してしまいました。

○ 以前から問題がある左の肩が熱くてぴりぴりしました。
その後、知らない間に寝ていました。

○ 左の耳が痒かった、その後爆睡!

と言うように、何らかの反応はあります。
遠隔で左に反応が出るのは、人間の身体は、左がエネルギーの入るほうだからだと思います。

レイキ仲間が増えて、平和で愛に満ちた世界が実現しますように。

   24oyu.jpg  24taki.jpg  

     温泉は電気水、大地の波動が湧き出ています。      滝は大きな水の波動、-イオンたっぷり
  



スポンサーサイト

メッセージを受け取ろう


おはようございます。
今日もバリは爽やかな美しい朝を迎えました。
毎朝、毎朝、こんなに美しい朝を迎えられる幸せを、もう10年飽きずに味わっています。
毎朝、新しい生を受けているような、そんな気分なのです。

ところで・・・・皆さんもいろんなシンクロニシティ(同時に起きる、共時性)を体験していると思いますが、そんな時は、ただの偶然と思わずに、何かのメッセージと思ってください。

先日、友人が難聴になったよう、と言う話を聞きました。
日本にいる耳鼻咽喉の医者の友達に症状を話した所、もう治らないと言われたそうです。
そんな~、あきらめてしまわないで、東洋医学的な観点からアクセスしたらどうかと、中医(東洋医学のドクター)を紹介しました。

その次の日、友人からメールが来ました。
『昨日、漢方薬の話をしたら、今日、バリ人の友達が腰痛の漢方薬を持って来てくれた。』と言う内容でした。

そこで私は『それは難聴も漢方薬を試しなさいと言うメッセージの後押しだから、ぜひ漢方薬を試してみてね。』と返信した所、友達は素直に『そうか!そう言うメッセージだね、ぜひドクターを訪ねて治療してもらうよ。』と言ってきました。
その素直さも、スムーズなエネルギーを高めます。
きっと症状が緩和されることでしょう。

日々の何気ない出来事に、いろいろなメッセージが隠されているものです。

いやに同じような事が重なるな・・・と言うようなシンクロが起きている時は、なおさら強烈にメッセージ送られていると思い、そのメッセージを探ってみてください。

なんとなく運の良い人っていますよね、そんな人は、自然に、目に見えない力、直観力を駆使して、スムーズな流れを作っているものです。

精神世界のことなんて分からないわ、と言う人でも、すでにその力を発揮している人は大勢います。
そんな人は、生まれつき宇宙エネルギーと繋がるコツを身につけているのでしょうね。
みなさんもアンテナを立てて、宇宙電波をキャッチしてくださいね。

   9pagi2.jpg  9pagi.jpg
              すばらしいお天気の朝も、朝靄に煙る朝も、毎朝が生まれたての今日。    
 

ガルンガン

バリはヒンズー教のもっとも大事なお祭り「ガルンガン」を6日に迎えました。

神様やご先祖様が降りてこられ、10日後のクニンガンまでこちらの世界に留まります。
日本風で言えば、お盆のような…とでも言う感じでしょうか。

お越しくださる神様やご先祖様のために、大量のお供え物を用意するため、ガルンガン月はどの家庭も大忙しです。
我が家でも椰子の新芽で作るお供え物を、毎昼、毎夜、せっせと作っていました。

バリの各村には基本的にお寺が3つあります、そして、そのお寺のお祭りも、ガルンガン、クニンガンも210日に一度、お祭りを行います。
なので、バリ人の人は、年がら年中お祭りの用意に追われています。
大変なことですが、そんな風に神様のために時間をついやすることは、いつも神と共に居られると言うことですよね。

お供えは作れませんが、私も、村のお祭りには必ずお参りに行きます。
この地で安全に平和に暮らしていけるのも、この地の神様がお守りになってくれているからこそ。
そのことに感謝を捧げると共に、お祭りの準備をしてくれる、村の人々にも感謝を忘れてはいけませんね。

私のモットーは、住んでいる土地の氏神様と、そしてもう一つ、ご先祖様への感謝と祈りを忘れないこと。
古臭いと思われるかもしれませんが、この二つのことを実行していれば、うそみたいな幸運な出来事が多々起こります。
地場の神様とご先祖様は、味方につけておくものですよ。(笑

話がそれましたが、バリ島が『神々の島』と呼ばれるわけがバリに住んでから良く分かります。
毎日祈りを捧げられる祠の周りはとても良い気が流れていますし、時々は写真にもちゃんと神様や、自然界の精霊達の姿も映ります。

神との共存、それは自分の運命を信じるだけでいいんです。
それが、神を信頼し、ゆだねることになります。
そうすれば、エネルギーが乱れないので、物事がスムーズに流れて行くのです。
スムーズな流れが、望む物をスムーズに運んで来てくれるんです。

いつだって、自分に一番必要なものが、一番ベストなタイミングで与えられるのだから、望みが叶った時の喜びをイメージングして、あとはリラックスして待ちましょう。

   8galungan.jpg   8ove.jpg

     お坊さんがお経を唱える屋根の上に集まるエネルギー           きれいな精霊たち


正しいイメージの大切さ

エッセイの4番で「そうだ!もっと怒っていいんだ!腹立てていいんだ!」と原発問題や政府のあり方について、散々書いてしまいましたが・・・・。

その後、どうもしっくり来ない感覚が続き、何だろうと考え付いた所、イメージング、アファーメーションの仕方がまずかった!と気がつきました。

確かに、原子力反対ですし、政府のビジョンの無さや、無神経さにいらだっていましたが、それにつられてネガティブなイマジネーションをしたことは、更なる不都合のある現実を作るだけでした。

意識って大事です、いくら政府が原子力無くては電気が足りないと言った所で、今の現実を見れば、我々国民が原子力は要らないと判断していることが分かります。

なぜなら、みんなの意識が「原子力は危険」「原子炉の廃止を希望する」と言う意識が、現在は17炉の原子力しか稼動していない、と言う現実を創り上げたのです。

なので、私が放った意識「原子力廃止」と言う意識は、いつまでも「原子力廃止」と訴えなくてはいけない現実を作ることでしょう。

また、「政府の政策は間違っている」と言う意識は、いつまでも政府に文句を言っている現実しか生み出さないでしょう。

私自身が意識を変えなくてはいけない事に気がつきました。

まずは、自分自身が、自分の国や、この世界がどうであって欲しいかのビジョンを持たなくてはいけませんね。

そして、原子力反対ではなく、原子力に変わる代替エネルギーが定着し、安定した電気供給が出来るようになったことをイメージし、アファーメーションして行きます。

「原子炉さんたち、今日まで私たちの便利で快適な生活のために、働き続けてくださり、ありがとうございました。速やかに沈静化し休んでください。」

「すばらしい代替エネルギーが開発され、安全でクリーンなエネルギー供給が安定しました。安心して生活が出来ることに感謝します。ありがとうございました。」

「国民みんなが、思いやりと正義を持って正しい行動を行った結果、私たちの日本は、真に豊かで安全で平和な、すばらしい国に生まれ変わりました。世界中の人たちも、私たち日本の再生に、無償の愛を与えてくれました。その愛の波動は世界を一つにし、人が人として安らぎ、健全に生活できるすばらしい現実を築くエネルギーになりました。私たちにやり直すチャンスを与えてくれたことに感謝します。ありがとうございました。」

これでしっくり自分の中にイメージが湧きました!

イメージすること、こうなりたいと願うこと、大事ですね。
そこから現実が生まれます。

写真はこの前行ったスタッフの田舎です。
ここでは今でも、すべてのものが循環しています。
山や森は食料や燃料を生み出してくれ、湧き水は昔の日本の井戸端のように、人々の生活用水になります。
残ったご飯は犬やネコに、そのまた残ったご飯粒は鶏達に還元されます。

自然と共に生活すると言うことは、多くを必要としない生活。
いざと言う時は一番強いですね。
何が起こっても、あたふたしないで生活できるだけの物を私たちは与えられていたはずなのに・・・。
今からでも遅くはありません。
私たちにはやり直す勇気も知恵もあるはずです。
美しい未来を築くために出来ること、実行していきましょう。

   11dog.jpg  11mandi.jpg

      動物も仲良く食べ物を分け合います。湧き水を集めたドラム缶、バリでは湧き水を聖なる水と呼びます



 

リセット=瞑想

この前のエッセイで、「エネルギー(波動)を受け取る。」をテーマにしました。

エネルギーが入って来たら、出さないことには循環されません。

私たちは日々、人や、感情や、思考などからストレスを受けています。
体的な疲れは睡眠やマッサージで回復できますが、脳の疲労や心の疲労はそう言う訳には行きません。

そんな疲労を溜め込まずに毎日、リセットできれば、毎日朝の目覚めから爽やかに過ごすことが出来ます。

それにはやはり、瞑想が効果的です。

知り合いのマッサージ師は、1日限定3人の患者さんのみ。それでも患者さんのエネルギーを受けてしまうため、毎晩瞑想でリセットしていると言います。
夜の12時前後が一番エネルギーが強いので、11時半頃から瞑想に入り、その日に影響を受けたエネルギーを排出し、新たに自然のエネルギーを受け取る。

そうしないとあくる日には疲れが残り、爽やかに1日を過ごせないと言います。
疲れたから早く寝よう・・・ではだめなんですね。

私ももう長いこと、寝る前の瞑想は欠かしません。

瞑想と言っても、いつも無の境地になれる訳ではないのですが、それでも自然の音と、柔らかな夜気に包まれていると、心が静まります。

とても気持ちの良い時間です。瞑想から得られる幸福感は、自分の内からやってくるので、何かに左右されることがありません。

何か外的な要素、誰かがいないと、とか、何か買い物をして、とか、おいしいものを食べた、とか。

確かにそんな時も十分に幸せを感じることが出来ますが、それはその時だけのもので、持続性が無いように思います。その後、なにか心を乱されることがあれば、その幸福感は過去のもの。

でも、何もなくても、内から湧き出る幸福感は消えません。

瞑想は難しいものと思わないでください。

ただ座ればいいんです。都会では自然の音の聞ける場所など無いからなんて、と言う人は、自分のお気に入りの場所で良いんです。心の安らぐCDや、自然の音のCDなどをかけて、椅子に座ってでも、ベットに座ってよしかかってでも良いんです。

ただリラックスして身体の力を抜いて、呼吸に意識を集中してみる。

動物や子供の寝ている時の様子を思い出してみてください。
胸が大きく膨らんだり、しぼんだりしていますよね、その呼吸を真似してみてください。
そして、見えないはずの息を見つめ、聞こえるはずのない息を聞く。

どうしても集中できない時は、音に集中してみるのも良いですよ。
音を聞くことに集中することで、脳の働きは止まります。

うまく出来なくても良いんです、毎日続けるうちに、なんとなくコツが分かってきますよ。

もっと簡単に瞑想状態に入れる方法はないのか?

あります!クリスタルボウルサウンドヒーリングこそが、瞬時に脳波をα(アルファー)波やθ(シータ)派と言う瞑想状態の脳に換えてくれます。

なので、終わった時にはたいていの人は、すっきりした、視野が明るくなり、すべてがキラキラ光って見えるなどとおっしゃります。

中にはかなり脳疲労が強い人が、瞬時に脳をシャッフルされ、ずっしり頭が重い…と言うことになることもありますが…。(汗)

そんな意味でも、自分自身の調律のために、クリスタルボウルヒーリングを受けてみてください。

   2bowl.png  2ove.jpg

        夕日に輝く、クリスタルボウル達            夜は精霊達が活発です。木の精のオーブ