FC2ブログ

日食に月食に・・・大賑わいの宇宙です。

      サイズ変更P_20160324_084527

9日の新月に新年を迎えたバリの太陰暦。
バリ島では80%くらいの日食が見られました。

静かに一日を過ごすのがバリ式で、外出、点灯、煮炊き、話、食事禁止の一日です。
今では外出と点灯くらいしか守られていませんが、機会音が無い爽やかな一日はいいものです。

そんな新年が終わり、初めての満月は、バリヒンズーにとっても大事な一日で、いろいろな儀式で島中が祈りで包まれます。

いいお天気で、お月様も美しく、小さく白い光の月が東の空に昇ると、煌々と辺りを照らし、清らかで聖なる光で満たしてくれました。

そして今回は部分月食もあり、天体の配列は相変わらず大きな摩擦を起こしています。
21日は春分で陰と陽のバランスが取れるリセットを行いました。

自転したり、公転して回る星達は互いの位置関係で起こすエネルギーが変ります。
大きな動きがある時は、私達の地球にも大きな影響をもたらします。

良くも悪くも、私達は大きな宇宙の中に住んでいるんだなと実感させられますね。

そんな宇宙からのエネルギーのうねりが強い時は、心身のバランスも崩れやすく、感情の乱れや身体的な圧迫感を感じる敏感な人も多いと思います。

ですが、満月の光はすばらしい浄化作用があり、パワーグッズを浄化するにはうってつけです。
もちろん私もテラスで寝転び、満月の光を浴びて浄化完了です。
外で夜気と月の明かりに包まれているのはなんとも気持ちがいいものです。

そしてよく朝は月明かりで浄化した大量の石やクリスタルボウルを水で浄化し、しばし朝の光で清めています。

これで一段とパワーアップしました。

 サイズ変更2013926石   サイズ変更P_20160323_100917

スポンサーサイト

5年めの3.11に

2016年3月11日


5年目の3.11に日に笛とコラボしてクリスタルボウルを演奏させてもらいました。
↑ クリックして演奏をお聞きください。




5回目の3.11

何回目の3.11が来ても、あの日のことは忘れられないだろう。
偶然帰っていた日本で体験した、あの日のことを。

16日にバリへ戻る飛行機の中で、場違いのように窓の外を見ながら泣き続けていた。
雲の上の空は光り輝き、極楽浄土があるならば、こんな所であって欲しいと思うほど美しかった。

毎年この日はクリスタルボウルを奏でます。
祈りと共に。

恐ろしい3.11の後、我が家の周りは霞むほどの愛の波動で満ちました。
世界中の人が無償の愛を日本に送り、その大きな愛で地球が包まれた事を確信しました。
あの時、私達は確かに一つでした。

今年もまた3.11にクリスタルボウルを奏でることができました。
相馬光ちゃんの笛の音と共に。

私達の音色を絵にしてくれた心友の柚木ミサトさん、映像を残してくれた大石あかりさん。
どうも、どうもありがとう。

この響きが地球を包む、ほんの一筋の光になってくれたらうれしいです。




他のところに投稿した文章です。

3月も始まりから濃いスタートで、バリはニュピと言い月の暦のお正月を向かえ、その後すぐに3月11日、相変わらず大事な行事が目白押しで気が抜けません。

日食も重なり、月と日が一つになると言う天体的ビックイベントもあり、パワフルなエネルギーの中、こんなすばらしい経験が出来た事に感謝です。

なんだか、一つ大きな成長を果たせたような、うれしさと緊張感。

2016年は一つのバイオリズムの終わりの年であり、私にとっては始まりの年でもあり、いろいろな意味で数秘の流れの確かさを感じます。

ますます精進して、自分を高めて行きたいな~。
大きなエネルギーの中で、もっと自由に素直に生きて行きたいな~。

そんなことを感じる2016年。
6月の日本行きに焦点を合わせ、パワーアップして行きたいです!

安心して!未来の道は一つではないから。

     z.jpg

おはようございます。

相変わらず賑やかな天体界で、今月はバリ新年を迎えます。そして皆既日食と言うおまけ付き。
相変わらず宇宙ビームが燦燦と届く地球です。

さて、さて。

先日友達がリーディングをしてもらったそうです。
いわば未来の事を聞いたり、目に見えない世界を見てもらうことですね。

そこでショッキングな事に寿命が長くないと言われてしまい、このことをどう消化していいかアドバイスが欲しいと言ってきました。

そんな予言をするリーダーがいる事に私はショックでしたが。

よく『あなたは○○才まで生きます。」と言う預言者がいますが、ようは「あなたは○○才で死にます。」と言っているのと同じなんですよね。
ものはいいようで『生きます』と言われるのと『死にます』と言われるのでは受け取る側の気持ちがぜんぜん違います。

言葉の使い方大事ですね。ポジティブに表現する方が断然物事の流れがよくなります。

その友達は、最近友達のお母さんを見取る体験をしてしまいました。
偶然と言えども思いがけない体験をしてしまい、死に対する恐怖が潜在意識に入ってしまったんだと思います。
その体験が、以前弟さんを突然死で亡くした時の恐怖や悲しみを蘇らせ、一段と恐れが高まってしまったのでしょう。
自分では消化していたつもりでも潜在意識の中には、まだ消化されていないいろいろな物が詰まっています。
今一度、それを消化するために偶然のようですが必然的に今回の体験を引き寄せたのでもあろうと思います。

そんなことで彼女の心は弱くなってしまい、光が消えたようになってしまいました。
そして最近噂のリーディングなるものを試してみたいと思ってしまったのですが・・・・。

そこでまたもやショッキングな事を言われてしまい、トリプルの苦しみを抱えて私のところに来ました。

私は私の尊敬するシャーマンが言う通り「未来の道は一つではない」と思っています。
一つ曲がり道が変わるだけで、通る道の景色はがらりと変わります。
体験する事も変わります。

その曲がり道を選択するのがその時の潜在意識なんです。

リーディングする人は、目の前の人の潜在意識の中の上位に見えるものを伝えるだけなんです。
スキャナーにかけると、最も強い波動から読み込んで行く、そんな原理です。

今、あなたの強く思うことが伝わるだけなので、見てもらってもその思いを確認させてもらうだけですから、未来を見てもらうのはあまり意味が無いと思います。

尊敬するシャーマンが言いました「未来は見ない、うそつきになるから。」私もまったくその意見に賛成です。

どの道を通っても行き着く先は同じです、その通る道は自分の思い一つでどんな道にもつながります。
結局は自分です。

自分がどんな未来を築きたいか、その思いの法則をしっかり実践する事です。
自分で未来を変えて行くことです。

遠い未来を見て憂えるよりも、今日のささやかな出来事に感動して感謝して生きてみてください。
外に光を求め彷徨わないで、自分の中の光を強めてください。
光は光に集まります。自分の周りに光が足りない時は、あなたの中の光が弱まっている時です。

この世は光で溢れ、希望に満ちています。
それを忘れないで!
未来の道は自分で選べます。

何度も言います、人生は思い通り♪

お告げはいりません。

写真は、見事に光と闇を見せてくれるある日の空模様。