ポジティブとネガティブは紙(神)一重

    サイズ変更P_20160622_180801

戻って早々にお友達ツアーガイドに突入!

バリ島の最南端にあるウルワツと言うところにケチャダンスを見に行きました。
断崖絶壁のウルワツはインド洋に沈む夕陽を見下ろしながら、ケチャダンスを見れる最高のロケーションで、毎晩すごい観客で賑わいます。

私がバリに来た頃・・・15年前にすでにウルワツのケチャは村おこしのために始まっていましたが、まだまだ知名度が低く観客はまばらでした。

この地方が雨が少なく、土壌も石灰質で植物の栽培には適さず年中ほこりっぽい乾燥した地方で、作物も育たずこれと言った現金収入が無く貧しい村でした。

ウルワツ寺院を含むこの岸壁の上は、寺院のお祭りの時だけ賑わう寂しい村。
それが15年たった今は、毎晩1000人くらいのお客さんが入るバリでもNo1の観光地になり、係りの人や踊り子の衣装も豪華になり、少なかった観客席はいまでは立派なスタジアムになり1000人ものお客さんが座れるようになりました。

その変貌ぶりにただただ驚くばかりです。

なんと言う奇跡。
貧しい村が今ではバリ中で一番豊かな村に変身してしまったのです。
奇跡とした思えません。
信仰深い村人達のウルワツ寺院へのお祈りの賜物か?
踊りにでてくるサルの神様、白いサルのハヌマンご利益か?
などなど、神々の島の奇跡を目の当たりにして感心するのみ。

雨の降らない環境が毎日きれいな夕陽を見せてくれ、人里離れていたからこそ土地も十分にあり会場や駐車場も確保できた。
そして何より、仕事の無い村人達だったからこそ、このケチャを毎晩開演することが出来たのです。

すべては不運に思えた環境が、一転して幸運に導かれたのです。
どんなことも発想次第でラッキーに変えられるんだよね~と、あらためてこの世の運不運は紙一重と認識したのでした。

紙一重の紙は神と置き換えてもいいですよね。
それくらい、この華麗な変身はそう思わせてくれました。

 サイズ変更再露出P_20160622_183124_NT サイズ変更P_20160622_185322_NT
スポンサーサイト

日本ワーク&お話会

    サイズ変更13315521_801237166678544_4718463783409010951_n[1]

20日間の日本滞在がおわりバリに戻りました。
今回も沢山の再会と、新たな出会いを楽しみ、Happyな日本滞在でした。
年々、日本での時間が愛おしく、しみじみうれしく、喜びの滞在になります。
ほんとに日本も、日本の人もステキです。
感動と感謝の日本滞在。
帰って来てからも、ほんわり心の中を温めてくれる思い出の数々。
あ~日本にも住みたい。笑

まだ夢心地ですが、日本の報告を・・・。

今回はイベントは東京のみでした。
お話会では体験談を聞いてもらいながら、おいしいスィーツ「テラティス」と『さまざまなクッキー」そしてバリの我が家栽培のハーブティーのオヤツも食べていただきました。

ティラミスは「私の元気のために」と言う意味らしいですが、ティラティスは「あなたの元気のため」と言う意味だそうです。
みなさん元気になってくれました?

日本に出発するまでは申し込みもはかばかしくなく、開催時刻の変更などで凹んでいたのですが、日本に到着してからイベントまでに続々と申し込みが入り、結局は定員の15人を上回り18人もの方に参加していただき感謝です。お席の用意が出来ずにお断りした方、申し訳ありませんでした。

そしてこのイベントを主催してくれた美容ジャーナリスト永富千春さんは「club.C」の主催者。女子力アップのお話だけでなく、東京の楽しい場所なども紹介してくれています。
みなさんぜひ会員登録してください。

毎回オヤツを作ってくれるのは、フードライターの松野玲子さん。スペインのスィーツの専門誌のライターなども手がける知識豊富なライターさんです。

もうこの二人のサポートがあったおかげで今回のイベントは盛り上がったと言っても過言ではありません。
ありがとうございました!

来年はどんな形でみなさんにお目にかかるか・・・まだ日本滞在の幸せ余韻に浸っていて考えられません。
ですが、また何かの形で同じ時間を共有できるイベントを考えたいと思います。
来年もよろしくお願いします。




 サイズ変更received_1359933984021663 サイズ変更received_1359934197354975

がっちりサポートしてくれたお二人と。           ステキな会場はclub.Cさんが準備してくれました。