FC2ブログ

レイキの凄さ

201910271958189d1.jpg


レイキの話しパート2

レイキはファースト、セカンド、サードと3段階のアチューメントがあります。

ファーストではレイキが通る道をつけます。
この段階で既にレイキヒーラーになり、宇宙のエネルギーを直接受け取り手から放出することが出来ます。

セカンドでは、エネルギー別の3つのマントラ&シンボルを身体に入れる事で、物質、感情に働きかけたり、時間や場所に遠隔ヒーリングが出来るようになり、一段と現実的なパワーを使えるようになります。

そしてサードでは、宇宙の根源的エネルギー、大地、太陽、月のエネルギーを統合したパワフルなのエネルギーを扱う事が出来るようになります。

今年の6月にファーストを受け、9月にセカンドを受けてくれたMさんからこんなメッセージを頂きました。

………………………………………………………………………………………………

セカンドを受けてからほぼ毎日遠隔で母にレイキを送っています。今日、お見舞いに行ったら、母がすごく神秘的な事を言うので、驚いてサハスラーラさんにご報告します。

母には遠隔で送るよ!と言ってあったのですが、いつとは言わずに時間が出来た時に、毎日夜送っていました。すると母が夜目をつぶっていると赤、青、オレンジ、黄色などの光がDNAの二重螺旋の形をして、黒いいびつな形のガン細胞を巻きこんで消滅させる光景がいつも見えると言うのです。

母も、今日会った感じでは元気そうでした。興味深いので、毎日続けようと思います。

ゆみさん、素敵な力を授けてくださって本当にありがとうございます。

…………………………………………………………………………………………………

Mさんが6月にレイキを受けたいと思ったのはお母様の病気が発覚して、お母様の病気を治したいと言う一心からでした。

実際にファーストを受けた後は術後のお母様に毎日レイキを当ててあげたそうです。
お母様は「暖かくて気持ちいい。」と喜んでいましたが、その時には全ての病巣を取り除けてなく、9月に再入院で化学療法になったそうです。

Mさんは仕事がある為、毎日は病院に行けないからどうしても遠隔ヒーリングをしてあげたい。
その一心でセカンドを受けたいと連絡がありました。
そしてお母様が入院する前にセカンドのアチューメントを終え、入院中毎日遠隔ヒーリングを続けた結果、なんとお母様の病気が完治したそうです。
化学療法の効果もあったのでしょうが、お母様は目を瞑った時に見える映像で、病気は治ると確信したそうです。

「病気は治る」と潜在意識にが認識するのは素晴らしい結果をうむ効果があります。
そして、なによりMさんのお母様を思う「愛」それこそが大きな効果を出したのだと思います。

とてもうれしい報告だったので皆さんにも聞いてもらいたくて!

レイキの力をしっかりと実感したMさん。
これからも愛を皆さんに届けてくれると思います。

セカンドでは時空を超えてヒーリングが出来ます。
癒されてない自分の過去に、遠くの家族に、被災地に、愛を届けることが出来る、素晴らしいレイキパワー。

皆さんも実感してみませんか。


★★★★★★★★★★★★★★★★
Sahasrara
~宇宙の波動で癒される、バリ島ウブドのヒーリングサロン~
web link
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント